うまくいく人は〇〇〇をする。

この記事は2分で読めます

『ちょっと聞いてもいいですか?』

イベントに参加していると
突然寄って来て
『〇〇です。いつもメルマガ読ませて頂いてます。』

と声を掛けてくださる方がよく居るのですが
ごめんなさい。

私、メール講座もメルマガも
読んでいるだけの読者さんは
認識できていません。

いつも宿題や感想を下さる方は
もちろん、名前を言われたら解かりますので
そこから話が始まる事もありますが^^;

ただ、読んでくれているだけの人までは
流石に覚えられません。

でね、ただ読んでいるだけの人の中には

たまーに・・・

『ちょっと聞いてもいいですか?』

と言う人がいるんですよね・・・

私的には、聞きたい事があるなら
メルマガの感想フォームから
メールを送ってくれたらいいのにって

思うのです。

だって、私はそこに言っている目的が
別にあるのですから、
邪魔されたくはないんですよ。

もちろん、いつもメルマガを読んでくれている
という事はとても嬉しい事です。

ですが、読んでいるだけという事は
相手の方は私の事を何となく知っている
と言う感覚なのかもしれませんが

私にとっては、ただ読んでいる人と言うのは
全く知らない人でしかないわけですよ。

その、全く知らない人に
突然呼び止められて
どんな人だかも知らないのに
質問されるって、

結構嫌なんだよね・・・

せめて時々でも
返信してくれていたら
私も気持ちよく挨拶も出来るけど

そうじゃない人に、

『メルマガでこんな話していたじゃないですか?
あの話って、こういう事ですか?』

とか、メルマガの話とかされても
私は嬉しくないんですよ。

だって、私は自分のメルマガの話をするために

そこに行っているわけではないし

他に楽しみたい目的があって

行っているのに、その時間を邪魔されている感でね・・・

もちろん、前もってメルマガに返信でも頂いていて
『会場で見つけたら声掛けさせて頂きます。』

とか聞いていたら、私も逆に探そうとしたり
しますけどね。

あんた誰?

的な人に時間を取られるのって

本当に嫌なんだよね。

って、私は嫌な事は嫌だというタイプ

なのでそう言う人にははっきり言いますけど^^;

何が言いたいのかと言うと

こういう事をしちゃう人って多分

自分がクレクレ星人だってことに

気づいてないんだろうな?

と思ったので、気づいて貰えたらいいな
って思って今書いてるんです。

そして、クレクレ星人さんって
与える事をしないんですよね。

情報収集ばっかりしていて
その得た情報は自分だけで独り占め。

うまくいく人は絶対にやらない事。

情報の独り占め。

という事はさ、これをしている限り

どんなに沢山の情報を集めたって

どんなに素晴らしい学びを得たって

 

 

良い結果などでないだろ~~~

って事なんですよ。

うまくいく人は、
自分が得た情報は
自分の中で咀嚼して
自分の言葉に変えて
別の人たちに伝えていくんです。

ようするに『シェア』をするということ。

情報のシェアが出来て、
尚且つ出し惜しみしない人は

素晴らしい結果を出していく。

もちろん、シェアしていても
お金を追っているような人は
これもまた、うまくいかなくなる日が来るけどね・・・

仲間同士で盛り上がっている時に
『いや、それは言えません』とか

言っちゃう人。

勿体ないなぁって思う時があるんだよね。

もちろん、それがその人の仕事の内容など
お金が動く内容だったりすれば話は変わりますけど

基本的に、情報のシェアが出来る人は
結果的にみんなうまくいっている。

隠しごととかいらないでしょ?

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー