ちょっと早いけど、そろそろこんな時期。

この記事は1分で読めます

おはようございますMoneMindMaster☆麗美☆です。

まだちょっと早いけど、少し早めにお伝えしたいと思い書いちゃいます。

それはお年玉

あなたはお年玉の由来をご存知ですか?

たぶんあまり知られていないだろうと思うので、今日はお年玉の由来についてお話します。

古くはお正月行事として【歳神】を迎えるお祭りがあり、門松を立て鏡餅を備えました。
お年玉の語源は、供えたお餅をお下がりとして子供たちに食べさせ、【御歳魂】(おとしだま)と呼ばれたことからと言われています。

このお餅は年初に分配されることから、年初めの賜物(たまもの)で【年賜】が変化したという説や、鏡餅が丸い事から【お年玉】になったという説があり、どちらも【歳神】に由来する。

このお年玉が金品を贈る言葉として用いられた例は、室町時代から見え始めたそうで、当時は茶碗や扇など様々な物が贈り物として用いられたということです。

お年玉とは新年のお祝いの贈り物。
現代では、子供や目下の者へ与えるお金として言われることが多い。

お年玉をあげる相手、マナー違反をしていませんか?

お年玉は【目下の者に渡すモノ】です。対象になるのは、自分の子供、親戚の子供、親しい間柄の子供となります。

やってしまいがちなマナー違反として多いのが、上司などのお宅にご挨拶に伺った際に上司のお子さんにお年玉をあげてしまう。これはマナー違反ですのでご注意くださいね。

お年玉は【目下の者に渡すモノ】です。
目上の方のお子さんにお渡しする場合には図書券や商品券のような品物を【お年賀】としてお渡しするのがよいとされています。

出来れば新札を用意しておきましょう。

新年早々しわくちゃのお札ではちょっとイヤですよね。

ちょっと早いですが、準備を考えたらちょっと遅かった気がしてます

お読み頂きありがとうございました。
では、またお会いしましょう

あなたの身の上に、全ての良き事が
雪崩の如く降り注ぎますように…

一人でも多くの方にお伝えしたいのでこの記事があなたの
お役に立てましたら『ポチッ』とご協力お願い致します。 

↓↓↓↓↓↓

 

人気ブログランキングへ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出版著書

麗美ねぇのお金の話
あなたの知らないお金の話満載です!

麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

人生を思い通りに送る為に
知っておくべき
大切な魔法の言葉
1000人以上の受講者から人生が好転したと感謝の声が止まらない!
無料メール講座
人生変えちゃう魔法のじゅもん
↑登録はこちら↑
登録はPCまたはGmailアドレスでお願いします
受講生の感想1
受講生の感想2
受講生の感想3
受講生の感想4
受講生の感想5
Happiness method公式アプリ
最新情報はこちらでチェック!
↓↓ダウンロードはこちら↓↓

カテゴリー

ツールバーへスキップ