他人と違うことが不安ですか?

この記事は2分で読めます

私は、自分の事を一番に考えて
自分を大切にすることを当たり前としています。

 

なんていう書き方をすると

自分のことしか考えてない。

【自己中な人】みたいに聞こえてしまったかも

しれませんが

 

 

 

決してそう言う意味ではありません。

 

 

ちょっとね~

これを言語化するのは難しいのですが

 

 

人はまず、自分自身を満たしてから

他人の事を考えるようにしなければ

 

幸せな人生って創れないんです。

 

 

だけど、多くの人は

他人を満たしてから自分を・・・

 

と考えているから

他人を満たす事も、自分を満たす事も

結局出来ずに真の幸せを手に入れる事が

出来ないんです。

 

 

なぜそれではダメなのか?

 

 

それは、自分すら満たせない人が

他人を満たせるわけがないからです。

 

 

満たすとはどういうことなのか?

その体感が無い人が、他人を満たすなんて

出来る訳がないんです。

 

 

だから、まず最初に自分を満たす事が

重要なんですね。

 

 

ということは、色々なところで言われているので

そのことにはあなたも気づいていて

 

 

何か、行動を変えているかもしれませんね。

 

ですが、あるところで

 

他人と違う行動をしている自分に気づき

 

・自分は間違っているんじゃないか?

・やっぱり周りに合わせなきゃいけないんじゃないか?

 

なんて考えて、折角自分を満たす為の

行動を起こしたのに

 

また、元に戻ってしまう・・・

 

 

振り出しに戻る。です。

 

 

私は沢山のクライアントさんや

講座受講生さんを見ながら

 

この繰り返しを何度もしている人が

沢山居るなぁ・・・

 

 

って、思っています。

 

 

それは、どんなに私が言葉で伝えても

実際に思考を変え行動に移せるのは

本人でしかないから仕方のない事。

 

なのですが、

そこを越えないと、次のステージには行けないよ。

 

 

と言うところに気づいて、

乗り越えて行って欲しいと思ったので

今日は書いています。

 

 

私たちは人間です。

誰一人として、同じ人など居ません。

 

違う事が当たり前なのに、

それを同じにしようとするのは

なぜなんだろう?

 

 

それをすることによって得られるモノって

なんですか?

 

それで何かが得られると考えているとしたら

その反対に、

 

 

それをすることによって

失っているモノがなんなのか?

 

を見付けると良いですよ。

 

 

他人に合わせて生きると言うことは

必ず、自分の中の何かしらを犠牲にしているのです。

 

 

その、犠牲にしてしまっている

自分に気づいてあげよう。

 

そして、その犠牲にしてしまって来た

自分をしっかりと満たしてあげましょう。

 

まずは、そこから。

 

人は、他人と同じであってはならない。

あなたにはあなたの良さがあるんです。

 

それを隠して生きることには

何のメリットもない。

 

誰をも、喜ばせることはない。

 

 

人は、他人に喜びを与える事で

互いに感謝されながら関係を気づいて行く。

 

それが、一番だと私は思うわ。

 

=メルマガ配信しています=

『心から満たされ自由に生きる』参考書

★イベントスケジュール★

 8月13日 名古屋 【満席】

『第17回 麗美ねぇとランチ会』 ~今よりもっと輝く未来にシフトチェンジ~

 8月14日 大阪 【満席】

『新時代のライフスタイルセミナー』 テーマ:お金の潜在プログラムを書き換えよう

 8月27日 神戸 申し込み受付中!

『お金の真理セミナー』 テーマ:お金の潜在プログラムを書き換える

 8月29日 東京 申し込み受付中!

『望むライフスタイルを創る時間管理術セミナー』 テーマ:望む人生を創るために

 
★電子書籍『麗美ねぇのお金の話』★
リリース記念特別価格!!
通常500円 ⇒ 今なら250円
 
 一人でも多くの方に伝えたいのでこの記事があなたの
お役に立てたなら応援の『1ポチッ』をお願いいたします。 
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ

LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

申し込み締め切りは2月28日!


Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー

ツールバーへスキップ