宿題って何のためにあるのかな?

この記事は2分で読めます

先日、オンラインスクールの生徒さんがこんなことを言っていた。

 

『宿題の提出はしなくてもいいんですか?』

 

私はこの言葉にかなりの衝撃を受け、しばらく回答しませんでした。

理由は、他の仲間が教えてくれるかな?って期待と

誰かその行動をしてくれたら嬉しいなと思ったからでした。

 

 

が、残念ながらどちらもなかったので私が回答をしましたが

あなたは宿題が何のためにあるか知っていますか?

 

 

 宿題って何のためにあるの?

 

何のためにあって、なぜ提出をするようになっているのかな?

 

 

宿題なんてやりたければやればいいし

やりたくなければやらなければいいんです。

 

 

やらなきゃいけない。

やらされている。

 

そんな感覚ならやるだけ無駄ですから

やらない方がいいです。

 

 

だけど!

本来の宿題の意味を考えたら

そりゃやっぱりやった方がいいんです。

 

宿題は、学んだことをアウトプットすることで

自分の中に深く落とし込むためにやるモノで

 

 

それを提出する理由は、先生が

間違いやズレに気づいて早く修正出来るように

するためです。

 

 

 宿題は誰のためにやるの?

 

宿題を誰のためにやるのかって?そりゃ自分の為だろう?

自分の為にならないならそんなのやらないし・・・

 

 

なんて思っている人が沢山いるんだけど実際の行動は

自分の為ではなく、先生(出題者)のために

【やってあげてる】みたいになってしまっている。。。

 

出されたからやっている。

それも仕方なく・・・

 

こうなってくるともう支離滅裂です。

 

 

もう一度よく考えてみましょう。

宿題は誰のために何のためにやるのか?

 

 

宿題はあなた自身がその学びをしっかりと落とし込み

理解に変えるためにやることです。

 

だからやりたくなければやらなければいいし

やって学びを理解に変えたいと思うならやればいい。

 

 

ただ、与えられたからやってるだけでは

何を学んでいても何の役にも立たないよ。

 

7月9日~13日開催!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 08.20

    成功の条件

  2. 2016 01.07

    成功の秘訣

コメントは利用できません。


Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー