幸せであるために守るべきマイルール

この記事は4分で読めます

この記事は2015年1月22日に書いたモノを編集しています。

 

昨日の記事素直に生きればうまくいく

の続きになりますのでこちらを読まれていない方は

まずこちらをお読みください。

 

 

【自分らしくありのまま】に接客しよう。

私は、人に合わせることがとにかく大嫌いです。

 

だから、子供の頃から怒られることが多かったのですが

怒られて、いう事を聞いていたら私ではなくなる

 

と思っていたので、とにかく自分を尊重する生き方をしてきました。

 

 

その中で学生時代に怒られるのと、

会社で怒られるのとでは何か違いを感じるようになりました。

 

 

それは【お金を頂く】という新しい事が起こったから

だという事に気づきました。

 

【お金を頂いている以上、言われた事は守らなければいけない。】

 

これは、多くの人が今でも思っているのではないでしょうか?

 

ですが、私はこのことさえも

怒られて、いう事を聞いていたら私ではなくなる

と思えたのです。

 

だから私は、自分をしっかりと表現し

納得の行かないことはとことん追求したりしながら働きました。

 

学生時代には校長室に怒鳴り込みに行った事もありましたし

会社でも平気で社長に楯突く【珍しい子】でした。

どちらにも私にしたら正当な理由があったのです。

【誰の為にそれをやるのか?】

学校の規則を守ること。

ガムは廊下に吐き出さないとか、
電車に乗るときは切符を買うとか、

 

私が第三者として見たら嫌だと感じることは

守ります。

ですが、髪の毛を染めてはイケナイ。
パーマをかけてはイケナイ。
スカートの長さも規定で無ければイケナイ。
化粧をしてはイケナイ。
装飾品を着けてはイケナイ。
マニキュアをしてはイケナイ。

 

など、あまりよく覚えてはいませんが

校則と言うモノには規制が多かったように

思います。

 

毎日怒られ過ぎていて全部は覚えていませんが、

今あげた事って何で禁止されているのか?

 

今の私なら、髪染めやパーマは

直接健康に関わる危険な事なので

やめた方が良いと思っていますが

 

でも、この世の中にあるモノを

【子供だからダメ】と言われ禁止される。

 

人間は、ダメだと言われるとやりたくなる。

だから、グレる子供が出てくるのだと

私は考えている。

 

学校で怒鳴っている先生たちは

なぜそれがダメなのかなんて

しっかりと説明なんて出来やしない。

 

『なんでダメなんだよ!』と言えば

 

『そりゃ、規則だから守らなくちゃダメだろ』

 

『なんで規則は守らなきゃダメなんだ?

それを守らなかったらどうなるの?』

 

『それはだな・・・大人になって社会に出た時に

社会のルールに馴染めなくて生きていけなくなるからだ』

 

なんて、訳の分からない回答をくれる先生が

沢山いました。

 

それでも、私は納得がいかなかったから

気にせず好きなようにやってきました。

 

社会に馴染むってどういうこと?

自分の本音を押し殺し、決められた枠の中で生きる。

それが、正しく生きる道なのか?

 

私の答えは【NO】だった。

 

 

この命は、私のモノ

私の人生は誰のモノでもなく私のモノ

生きている限り自分が幸せだと感じられる生き方がしたい。

 

そして最期の時に『幸せだった』と笑顔で眠りたい。

私はそう考えている。

 

校則の話に戻りますが多くの学校が

カラーリングをすると『黒く染めて来い』と言います。

 

でも、私の学校は人体に影響を与える事だから

そのまま伸ばしなさいというものだった。

 

入学前に金髪の1年生、卒業する頃には

地毛が伸びて、毛先だけが金髪の生徒が多かった。

私は、髪の量が多くてゴワゴワしていたので、

少しでも見た目をシャープにさせたくてずーっと金髪でしたが^^;

 

だって、私の身体だもん。

身体によい事、悪い事、人から言われて

言われた事だけやってたって健康ではいられない。

 

メンテナンスをするのは本人でしかないですから。

だから、私は聞かなかった

結局、私はやりたい事をやるんです。

 

私が、その規則を守らなかったらどうなるの?

 

学校なら、イメージダウンになるとか?

 

そんな人のイメージなんて考えてたら、

自分の人生生きれないでしょ?

 

会社にしたって、私が社則を守らなかったらどうなるの?

 

倒産する?ありっこない。

私、胸を張っていいます。

他人に決められた規則には従いません。

でも、志事はしっかりやります。

だから、クビにはならなかったのだと思います。

時に条件を付けられることもありました。

高校3年生の時スーパーのレジでバイトをしていた私は、

レジの速さと正確さからお客さんからも、

会社からも結構な信頼を得ていました。

 

そんなある日、本社からなんだか偉い人が来て

『是非うちに就職してもらいたいと思っているので

見当してみて欲しい。でも、就職するなら髪だけは染めてきてくれ』

 

志事はメチャクチャ楽しくて、

就職決まっちゃうの~~って喜んだのもつかの間。

私は即答で『お断りします』と言ったわ。

 

だって意味が解らないから・・・

 

私を必要と思ったからそのオファーを出してきた

それなのに、何故条件付?

 

別に私は、働き口に困って居たわけでも

何でもないから、自由を奪われるなら

そんなところに就職なんてしません。

 

就職はお断りしたんだけど、本社で

キャッシャーの研修講師?として呼ばれて

社員さんにレクチャーした事はありました。

 

とにかく私が徹底してやってきたことは

 

【誰の為に、私はその志事をしていて

相手にはどんなメリットがあるのか?】

 

を常に考えること。

だから、社則なんて関係ない。

営業であれば、お客様に対して最善を尽くす。

それが結果、利益となり会社に貢献する事に繋がる。

 

私は、枠に填っていることが出来ないので、

結果で勝負していたのです。

 

どんな志事(しごと)をしても、そこには必ずお客様が居る。

そのお客さんが何を求めていて

何が必要で、今最適な提案は何なのか?

 

それを、考えて打ち出すのが志事だと私は思っている。

だから、それを自分なりに一生懸命取り組み結果を出す。

それだけで、会社という組織に対してはしっかりと役に立てて居たはず。

 

そんな自由奔放な私を見て、僻む人も沢山居ました。

僻むぐらいなら自分もやればいいんじゃない?と

私は思って居ましたが

 

 

人は、自分がやりたくてもやれないことを

している人を見ると僻んだり、羨んだりするのですよね。

 

やりたきゃやればいいのに。

本当にそれだけ。

 

そうでないと、必ず後悔するのです。

必ず、最期の時に

『あの時あれをやっていればよかったなぁ・・・』

 

そういう人生の終わり方にしないために

自分の想いに忠実に生きよう。

 

って、あなたの心に何か火を灯すことが

出来たら嬉しいです。

 

 

何か感じることがありましたら

お気軽にコメントなど頂けるととても嬉しいです。

お読み頂きありがとうございました。

★イベントスケジュール★

1月30日 ワクワク★アロマキャンドルづくり 埼玉 【〆切】

2月4日 人生を豊かにする時間管理術セミナー 東京 【像席しました】

2月20日 新時代のライフスタイルセミナー 東京 【残席8名】

3月18日 ありのままの自分で生きるためのビジネス構築セミナー 埼玉 【残席11名】

 
6472
携帯・スマホからのご予約はこちら

 
 一人でも多くの方に伝えたいのでこの記事があなたの
お役に立てたなら応援の『1ポチッ』をお願いいたします。 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 09.23

    すべてに感謝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon部門別ランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

人生を思い通りに送る為に
知っておくべき
大切な魔法の言葉
1000人以上の受講者から人生が好転したと感謝の声が止まらない!
無料メール講座
人生変えちゃう魔法のじゅもん
↑登録はこちら↑
登録はPCまたはGmailアドレスでお願いします
受講生の感想1
受講生の感想2
受講生の感想3
受講生の感想4
受講生の感想5
Happiness method公式アプリ
最新情報はこちらでチェック!
↓↓ダウンロードはこちら↓↓

カテゴリー

ツールバーへスキップ