文章が書けなかった私が書けるようになった理由

この記事は4分で読めます

インターネット起業コンサルをしていたころよく聞かれた

『麗美ねぇはコピーライティングは誰から学んだんですか?』

 

 

私は、文章を書くことが苦手で小学生のころは読書感想文がいつも

5行ぐらいしか書けず、それを原稿用紙2枚になるように何度も

繰り返し書いていたほどですし

 

 

はじめてブログを書いた時はさらにひどく

『今日は、焼き肉を食べに行った。美味しかったです。』

とたった1行でした。

 

そんな私は何度もアカウントを変えては来たものの

ブログ歴は16年になりました。

 

 

 

 なぜ、文章が書けるようになったのか?

 

子供のころから読書が好きだった私は、良く本を読みました。

ですが、読書感想文を書くのは苦手だったので自分は

文章を書くのが苦手なんだと思い込んでいました。

 

 

でも、よく考えてみたら小学生のころは

詩を書くのが好きで、いつも詩を書いていた。

 

 

長い文章は書けないけど、短いモノなら書ける。

そんな風に思っていたような気がします。

 

 

その一方で、私は話し出すと止まらないタイプでもありました。

だから、書きたいことを書き出すと文章にまとまりがなくなり

延々と書き綴るようなところもありました。

 

 

(なんだ、もともと文章は書けるんじゃないか)

 

とも思ったけれど、これではダメだということに気づいたのは

自宅で自由に収入が得られるようになりたい!と思って

20年前に始めたインターネットビジネスがキッカケでした。

 

 

私は、ホームページを作成しネットショップの運営を始めた私は

集客が出来ず試行錯誤していた時にブログというモノを知り

すぐに始めました。

 

まずは、継続することを目標としてやっていこう。

そのうちに、アクセスを増やすためにはどうしたらよいのか?

読まれるブログにするためにはどうしたらよいのか?

 

 

読者数の多いブログを参考にしながら文章の書き方を真似て行きました。

そのうちに少しずつ長い文章が書けるようになって行きました。

 

 

 ブログという実践練習の場

 

ブログを始めたきっかけは集客に繋ぐためだけでしたが、

続けているうちに私はブログを書くことが楽しくなり

とにかく書きたくて仕方がなくなったのです。

 

 

集客とかもうどうでもいい。

 

 

私はブログが書きたいんだ!

 

自分が言いたいことを何でも言えて自由に表現できる

このブログという世界に魅了されて行きました。

 

 

そして気づけば私は長文も書けるようになっていた。

 

 

でも、長文が書けるだけでは集客も販売もできない・・・

 

 役立つブログを書くこと

 

私は、せっかくこんなに楽しいことを見つけたのだから

もっと役立つ使い方をしよう。

 

 

そう思った私は、ブログをライティングスキルを磨く場として

使うようになった。

 

 

自分の記事を評価してくれるのは外で見ているネットユーザーさんたち

ネットユーザーさんたちからいいねやコメントを頂ける記事が

良く記事ということだと思いいいねやコメントがもらえる記事を書こうと

相手を意識して書くようになって行きました。

 

 

それまでは、タダの日記だったものが

人が読んで楽しめるモノや役立つ情報などを

書くようになりました。

 

 

そのうちに、読者数が増え始めコメントも頂けるようになりました。

 

『素敵なお話をありがとうございました』

『内容がとても素晴らしかったので、私のブログで紹介してもいいですか?』

 

 

など、嬉しいコメントを頂けるようになった私はあることに気づいた。

 

 

 『いいね』の数より『シェア』の数

 

時代はもう、ネット中心と言っても過言ではない。

ブログやSNSといったコミュニケーションツールが増える一方で

『いいねを増やす方法』などの書籍も増えて行った。

 

 

でも私は、大事なのはいいねの数ではなくシェアの数だと気づいたので

いいねを増やす事よりも、シェアしてもらえる記事を書くことに意識を向けた。

 

 

だって、私は一人でも多くの人に伝えたい。

読んで欲しい。知ってほしい。

 

という想いが強かったから。

 

 

だから読んでいるかどうかもわからない『いいね』を増やす事よりも

読んで良かったと感じてもらえたのが解る『シェア』の数を意識した。

 

 

いいねは読まなくても付けられるけど、読まずにシェアをする人はいない。

 

読んで良かった。他人にも教えてあげたい。などの気持ちが生まれたから

シェアという行動を起こすのだから大事なのはいかにシェアされる記事が書けるかだ。

 

そんなことを想いながら書いていた私は、ネットビジネス20年にもなるけれど

よく考えたらコピーライティングを誰かから直接学ぶということはしていなかった。

 

ビジネス書はたくさん読んで来たけど、心理学的なモノが多く

ライティングとは全く結びつかなかった。

 

 私が学んだのは1冊の本でした。

 

ライティングの本は、数年前に一度勉強しようと思って買ったものがありました。

その本は、小学校などで作文指導などにも取り入れられているという

素晴らしいモノだったのですが、私はその本を読んでから

 

文章が書けなくなってしまったのです・・・

 

 

言ってしまえば、書きたいではなく

規制されて書かされている感覚になり

子供のころのように書けなくなってしまったのです。

 

 

幸いすぐに原因に気づいたのでその本は途中で読むのを止め

また、自分らしく書けるようになったのだけど

 

 

それから2年ほどしてプレゼントに頂いたのが

ウェブセールスライティング習得ハンドブックでした。

 

私は、コピーライティングは誰かから直接学んではいませんが

しいて言うのならこの本で学んだのかもしれません。

 

この本には、私が重要としている意識の持ち方や

物事に対する考え方・捉え方などから書かれており

とてもわかりやすく、そして重要なポイントだけが

集約されて書かれていたのでとても読みやすかったです。

 

それまで、洋書ばかりを読んでいた私にとって

ウェブセールスライティング習得ハンドブックは、

よくわかる参考書のようなモノでした。

 

 

もし、あなたがライティングで悩んでいるのなら

是非この本を読んでみてほしい。

 

 

今日、久しぶりにネットで見かけて読んでみようと思ったので

あなたにもシェアしたい気持ちになりました。

 

良いモノは他人にも伝えたい。

それが私のビジネスの原点だから。

 

 

この記事があなたのお役に立て、あなたも別の誰かに

教えてあげたいと思われたのなら是非シェアしてあげてください。

 

主婦でもわかるセールスライティングだと

主婦の私が感じた一冊です。

 

どうぞお試しください。

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

LINEで情報を受け取る
友だち追加

ID検索は @tbn6707e

Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー