月収300万を稼いだ私のビジネススタイル【序章】

この記事は4分で読めます

こんにちは。あなたの中に眠る価値を引き出し
あなただけの最高の人生を作るお手伝いをする。
ライフスタイルアドバイザーの麗美です。

私には多くの職歴があります。
それは全部【やってみたい】と思ったから。

もちろん、やってみたけど自分には合わないと思って直ぐに辞めたものもあります。
それでも、研修を終えれば学んだ事は全て私の【資産】として取り入れられる。
そう思って、色々なジャンルのお志事にトライしてきました。

職歴というより、それが私の学歴かも(笑)と思うほど今では沢山の知識が頭の中に残っています。

もちろん今でも学び続けているので私の学歴は伸びている。

当時の主な時間の使い方としては夜は水商売、昼間は色々とやってみたい志事をチョコチョコやると言った感じで、一番ハードなスケジュールだった頃は一日で志事をしていない時間が5時間しかなくて、その時間には【寝なきゃ】っていう状態だった時かな?

でも、それも自分がやりたくてやっていたので何も苦ではなくむしろとても充実していたんだ。

社会に出て、一つの会社で退職までお勤めされる方。
また、若くても一つの会社でずっと働いている方。

私は、尊敬する面もあります。
だって、私は絶対にやらないから。
出来ないではなくやりたくない。

だから、それをやっている人って凄いなぁって思うんです。
でもね、勿体無いなぁって思うのも事実。

だって、世の中を小さな枠の中で捉えることが出来ないんですから・・・

それが本当に好きで、毎日が楽しくてHAPPYなら何も言う事はありません。

でも、少しでももどかしさを感じていたり、本当は今すぐにでも
翼を広げて羽ばたいてみたいと思っているのならそれやってみない?

私はあなたをその小さな枠から引っ張り出してあげる事ができる。
小さな枠を飛び出してしっかりと自分の人生を歩んでいくための道を用意してあげられる。
そして、その時々に現れる壁の乗越え方も知っている。

だってそれだけの経験と実績を持っているんだから。

私が、月収300万以上を得ていたお話。

当時は【お水の花道】をテッペン目指して歩んでいた私。
私の中で、水商売だもん稼げて当然だとつい最近まで思っていたんです。
でもね、水商売をしていても全然稼げない人(ホステス)だってもちろん居るんです。

時給には最低保障というものがあって、売り上げを上げられなくても居れば貰える
会社で言う基本給?みたいな意味合いかな?

最低ラインのお話はあまり知らないのでお話出来ませんが、多分会社員とあまり変わらないお給料しか貰えないんだと思います。

会社員なら会社から社用携帯を持たされるのが一般的だけど、お水の世界にそんなものはなくもちろん自分持ち。

お客さんに【営業電話】をかけたりしてとにかく携帯代が高くなるんですよね。
それも、稼げないホステスの方が『何とかしてお客さんを呼びたい。呼ばなきゃ』って思うから電話もよく使うんじゃないかと私は思ってる。

そして、衣装代
お店でレンタルしているところもあるけれど、それだって借りるの安くないんだよね?
ごめん、ここも詳しい事は解らない。

とにかく、水商売って一般的なお志事より時給が高いけど実はその中に色々な経費が入っているんだよね。

だから、普通の会社員も水商売も同じ一つの【働く】という事なんだよね。

で、私は何でも一番になりたいと思うタイプだったので、初めて【水商売】に入った時にはそのお店のNo,1ホステスの志事の仕方をとにかくよく観察した。

しぐさ、話し方、話すテンポ、会話の内容、お客さんとの位置的な距離の取り方、目の動き・・・

とにかく、私は【あの人を絶対に超える】と決めて毎日志事に行っていた。

よくね、お店から【給料泥棒】なんて言われるホステスも居るんですけど、私は3ヶ月徹底的にNo,1に密着しヘルプ(指名が重なって席を離れる時に変わりにお客さんの相手をする人)周りばかりをして居た。
もちろん最初は、フリー客(指名を持たないお客さん)の席に新人としてアピールの為に案内されるので一生懸命No,1の真似をしてみた。

でもね、100%コピーをしたところで私が同じ結果を出せるわけが無い事に気がついた。

だって、私とその人は全く違う人間だから。

私は、私スタイルの営業をしなければダメだって事に気づいたの~~~

人にはそれぞれの【価値】があり、その自分の価値を最大限に活かすことでしか大きな成功は手に入れられない。

当時のNo,1のお姉さんは美保さんというとってもお淑やかな女性だったんです。

一方私はイケイケ娘ですからまるで正反対なんですよね。

こんな私がお淑やかな美保さんになりきってたら逆に気持ちが悪いんだよね。

もちろん、ヘルプに着く時には指名のホステスさんのお手伝いなので接客に関しては指名されているホステスさんと同じタイミングで同じ事をするようにしていたけどね。

お店の更衣室には売り上げのグラフが張り出されているんだけどトップ3とその下の人たちの売り上げ金額が一桁違ったんだ。
初めてそれを見たときはビックリしたなぁ・・・
だって、〇十万と〇百万ですからね。
あ、しかもこれ半月ごとの〆なんですよ。
本当の理由は知りませんが、お給料日は月二回の所が多いんです。
金額が大きいから?と私は勝手に推測してましたが。

私は自分が何処までやれるのか最初は自信も無かったしとりあえず4位まで行こうと決めて取り組んでいたのですが、それは1ヶ月で達成出来てしまったの。

この業界には本指名と場内指名という二つの指名のスタイルがあって、本指名というのは固定客で、場内指名というのは例えばフリーで入店されたお客さんがお店に入ってから気に入った子を指名したり、本指名の他に呼びたい子が居るときなどに使われるシステムで、

私は、初めての水商売なのにベテランさんと間違われるほど色々なものを吸収しモデリングしていたの。

そんな私は、入店してまもなく【スーパーヘルパー】と呼ばれるようになって、自分の固定客が居ないのに場内指名だけで結構売り上げを伸ばせるようになっていた。

いつも一人で来られるお客様が接待などで人を連れて来られる時には私も一緒に本指名を入れてくれたり。

お店によって違いますが、このお店では複数のお客様の席で指名が複数になるときはその席の売り上げを指名されたホステスで割って売り上げになる。

No,1のお客さんというのは結構見栄もあったりしてお金を沢山使ってくれるんです。
だから、私の売り上げも一気に伸びる事になったのです。

そうこうしているうちに、私は私の営業スタイルを見つけた。

【自分らしくありのまま】接客しよう。

私は、人に合わせることがとにかく大嫌い。
だから、子供の頃から怒られることが多かったんですが
怒られて、いう事を聞いていたら私じゃなくなる

と思っていたので、とにかく自分を尊重する生き方をしていた。

学生時代に怒られるのと、会社で怒られるのでは何か違いを感じた。
それは【お金を頂く】という新しい事が起こったから。

お金を頂いている以上、言われた事は守らなければいけない。

これは、多くの人が今でも思っているのではないでしょうか?

ですが、私はこのことさえも

怒られて、いう事を聞いていたら私じゃなくなる

と思えた。

結構長くなったので、続きは次記事に書こうと思います。
興味のある方は、次の更新までワクワクしてお待ち下さい。

お読み頂きありがとうございました。
では、またお会いしましょう

あなたの身の上に、全ての良き事が
雪崩の如く降り注ぎますように…

一人でも多くの方にお伝えしたいのでこの記事があなたの
お役に立てましたら『ポチッ』とご協力お願い致します。 

↓↓↓↓↓↓

 

人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出版著書

麗美ねぇのお金の話
あなたの知らないお金の話満載です!

麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

人生を思い通りに送る為に
知っておくべき
大切な魔法の言葉
1000人以上の受講者から人生が好転したと感謝の声が止まらない!
無料メール講座
人生変えちゃう魔法のじゅもん
↑登録はこちら↑
登録はPCまたはGmailアドレスでお願いします
受講生の感想1
受講生の感想2
受講生の感想3
受講生の感想4
受講生の感想5
Happiness method公式アプリ
最新情報はこちらでチェック!
↓↓ダウンロードはこちら↓↓

カテゴリー

ツールバーへスキップ