望む結果を出す方法

この記事は2分で読めます

望む結果を出せる人と出せない人には決定的な思考の違いがあります。

 

たとえば、【自宅で安定した収入が得られるようになりたい】と考えている主婦のAさんとBさんがいます。

 

 

Aさんは、絶対に結果を出すということを自分自身にコミットしています。

Bさんは、そうなれたらいいなぁという気持ちでいます。

 

この二人は【自宅で安定した収入が得れれる】ようになるための講座を受講しています。

 

スタートする時に私は必ず聞きます。

『〇〇さんは、この講座を受けてどうなりたいんですか?』

 

それに対して二人とも、絶対に結果を出す意思を述べるのです。ですがBさんの本心は『そうなれたらいいなぁ・・・』なので行動がついてこないのです。

 

スタートラインは、状況も環境もすべて同じだった二人。

全く同じことをこなせば結果も同じように出て当たり前(多少の誤差はありで)

 

 

ですが、AさんとBさんの結果は天と地との差が生まれてしまいました。

 

 

その原因は、二人の思考のズレにありました。

 

 

Aさんは既に自分で結果を決めて取り組んだので、その結果に繋がるためのことをすべてやりこなしていきました。

 

一方Bさんは、そこまでの意識ではなかったので出された課題の中から自分がやれそうなことだけをやっていました。

 

 

その結果、目標としたゴールにはたどり着けないという結果を作ってしまったのです。

 

この、結果の違いを作るのはあなたの『行動力』ではなくあなたが持っている『思考』にあるのです。

 

人は、外からの情報に流されやすく、つい自分の意志とは違う選択をしてしまう・・・なんてこともありますよね?

 

この、選択を誤らない事が望む未来を創るためには必要なことなのです。

 

あなたが選んだソレは、あなたが本当に心の底から手に入れたい未来を創るモノですか?

そうだと思っているのなら、本気で全部こなすぐらいの気持ちで向き合えばいい。

それが出来ればあなたも望む結果が出せます。

 

でも、もしその選択が望む結果に繋がるモノではないと思ったのなら、それは今すぐに辞めてしっかりと軌道修正をすればいい。

 

これは途中で諦めるのとは意味が違います。

 

 

人間には、間違えることがあります。その時にどれだけ早く気づいて軌道の修正が出来るかが大切なのです。

 

◆自宅から無料で参加できるZoom勉強会◆

あなたの中の『得意』を自宅で楽しみながらお金に変える方法とは
https://goo.gl/forms/Xx9EoP2qbv8nVfLn1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.16

    巻き込む力

コメントは利用できません。


Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー