自分の事って自分じゃ気づけない!でも・・・

この記事は2分で読めます

 

『私には何もない』

 

そう思っている人って意外に多いけど、

あなたはどお?

 

 

自分に価値なんてないって思ってたりしない?

思っていたとしてもしょうがないんだ。

人は、自分では自分の価値に気づく事が出来ないから。

 

 

でもね、間違いなくあなたには

あなたにしかない【価値】が眠っている。

 

 

それに気づくためには、人と話すしかないんだ。

 

 

別に、かしこまって話す必要なんてない。

井戸端会議のように何となくおしゃべりするだけでもいいの。

 

その何となくなおしゃべりの中からあなた自身が

何かを自分に吸収するという意識を持っていれば
何でも【気づき】に変わるから。

 

何故、人は自分の価値に気づけないのか?

それはね、自分の中のごくごくフツーの

【当たり前】の中に眠っているモノだからなの。

 

 

あなたにとって、当たり前でフツーにやっている

事の中に、他人が見て【凄い】と思うモノが眠ってる。

 

 

だから、他人と話すことでしか【自分の価値】には

気づけないんだ。

 

 

私は、二十歳ごろまで人間不信でした。
誰の話も信じない、他人の言葉は

右から左へ通過して行くだけだった。

そんな私は、自分の価値になんて

もちろん気づく事は出来なかったんです。

 

 

ですが【人の話を聞く】と言う事に

少し視点を切り替えただけで

色々なモノが見えて来たんです。

 

 

そして、私の持つ【価値】と言うモノにも

気づかせて貰えた。

 

 

生きている限り、人は成長を続ける。

だから、持っている価値も常に成長して行く。

という事は、ずっと人と話すことを続けて行かなければ

また、いつか価値が解らなくなってしまうかもしれない・・・

 

 

 

だから、人と会う事。

話す事。接点を持つ事。

 

に手を抜いてはイケないと私は思う。

 

 

自分の事って、自分一人では気づけない。

 

 

 

それでも、本当は

【自分を一番理解してあげられるのは自分】

でしかない。

 

 

あなたの事を、一番よく知っているのは

あなた自身なんだよ。

 

 

だから、自分を【認めて】あげて。

 

 

【私には何もない】

 

 

なんて、あなたが言ってしまったら

あなたの中に居る本当のあなたが【悲しむ】よ。

 

 

あなた自身を、満たしてあげるために

人と沢山話をして、自分の中にある

素晴らしい価値に気づいて自分を

【認めて】あげよう。

 

 

【初回限定】コンサル体験

 

お金の価値観と向き合うワークセッション

いつも、いいねやコメント、メッセージを下さりありがとうございます^-^
お気軽に、コメントなど頂けたらと思います。
お読み頂きありがとうございました。
 
あなたの身の上に、すべての良き事が
雪崩の如く降り注ぎますように・・・
 
★配信中のメール講座一覧★(全て無料で受講できます)

★読むだけであなたの思考が書き換わる!★
【心から満たされた自由な生き方の参考書】でリアルタイム配信しています 講読申込みは⇒こちら

♡心の状態ををニュートラルに戻す♡
人生変えちゃう魔法のじゅもん【伝授編】 購読申し込みは⇒こちら
人生変えちゃう魔法のじゅもん【実践編】 購読申し込みは⇒こちら
  ※こちらは伝授編の続編となってますので、伝授編を受講されてからご登録をお願いします。

☆学校では教わらないお金の仕組み☆
心から満たされた人生を作るための【お金の真理】講座 購読申し込みは⇒こちら
お金に愛される人になるための21の秘訣! 購読申し込みは⇒こちら 

※登録の際の注意事項※
携帯アドレスからも登録は出来ますが、メールをしっかり受信したい方は
PCアドレスまたはGmailなどのフリーアドレスをご利用いただく事をオススメ致します。

一人でも多くの方に伝えたいのでこの記事があなたの
お役に立てたなら応援の『1ポチッ』をお願いいたします。 
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村

LINEで送る
友だち追加

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

⇑お申し込み後にスペシャルプレゼントがございますのでこちらも是非お受け取り下さい。

LINEで情報を受け取る
友だち追加

ID検索は @tbn6707e

Amazonランキング
2部門で1位獲得!


麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

カテゴリー