30代前半までは貯金は必要ない!?

この記事は2分で読めます


こんばんは☆麗美☆です。

今日はお金の使い方についてお話します。

30代前半までの少ない収入(一般例)で貯金をすることは、

自分を小さな枠に括り付け、外の世界との接触を断つことになってしまいます。

この時期には多くの事を吸収することで、自分の人生を豊かにするための

レバレッジ(てこの原理)を効かせることに繋がります。

目や耳から入ってきた情報が自分の元々持っている価値観や感性によって租借され、

人の考え方は時間と共に醸成されていきます。

だから

30代前半までは『インプット』のために

自己投資をする時期なんです。



この時期にどれだけ自分の中に新しく、有用な情報を取り込んだかで

40代からの人生が大きく変わってきます。

(まだ、理想の人生を築けていない場合の事ですが)

心と体は繋がっているというところから例をあげると

40歳を過ぎたころから基礎代謝が落ち、脂肪を溜め込みやすくなります。

それまでは、代謝が活発なので沢山食べても脂肪はそれほど溜まりません。

お金も同じで貯金をするなら40歳を過ぎた頃から本格的に貯める事を考えればいいのだそうです。

ですが、30代前半までに貯金をすることよりも、止めた方がよいのが

『計画性のない借金』です。

世界一周旅行がしたいとか、マンションを購入したいなど

しっかりとしたヴィジョンがあってキチンとしたところから借りるお金なら

いつかあなたにとっての財産となるでしょう。

でも、収入に見合わないド派手な生活をしたくて無計画に借金をすると

たいていはそのまま壮年期に突入し、借金癖は一度つくとなかなか抜けられずに

中毒化します。

貯金をする事よりも、何倍も成功からは遠ざかっていってしまいます。

ですから、30代前半まではいろんな人と積極的に関わり、アンテナを張り巡らせ

仲間たちと忙しく、楽しく時間を過してきた人たちは、考え方や感じ方に奥行きが出てくるんです。

自分の感性や価値感だけに囚われず、世の中には様々な考え方があり世界があるということを

よく理解してます。

ところが貯金に必死になっていると『損得』で物事を考える癖がついてしまい

価値感が同じが違うかの二つしかないと考えてしまうため

人づきあいが極端になり、仲が良いか悪いかの二つのパターンの人間関係で生きている人が多いそうです。

貯金がいけないのではありませんが、それよりももっと自分をブラッシュアップさせる事に

時間やお金を使うほうが、『理想の生き方』を手に入れるきっかけに繋がります。

30代前半までは自分の為にお金を使おう。


正確に言うと、自己投資と言うのは一生するに越した事はありません。

人生日々勉強ですから(*^▽^*)


大切なお金様の事をキチンと知って欲しいから

まだ知らないあなたの為に

ここで私がシェアしていきたいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

では、またお会いしましょう音譜


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出版著書

麗美ねぇのお金の話
あなたの知らないお金の話満載です!

麗美ねぇの「お金の話」: お金はあなたが望むだけ手に入る! (eBOOK-LABO)

人生を思い通りに送る為に
知っておくべき
大切な魔法の言葉
1000人以上の受講者から人生が好転したと感謝の声が止まらない!
無料メール講座
人生変えちゃう魔法のじゅもん
↑登録はこちら↑
登録はPCまたはGmailアドレスでお願いします
受講生の感想1
受講生の感想2
受講生の感想3
受講生の感想4
受講生の感想5
Happiness method公式アプリ
最新情報はこちらでチェック!
↓↓ダウンロードはこちら↓↓

カテゴリー

ツールバーへスキップ