人生を好転させるためにはその種を蒔くことから

この記事は2分で読めます

私は、20代前半のころまで

人生が最高に楽しくて仕方ありませんでした。

 

 

毎日、楽しく仕事をして

楽しんでいるだけで毎月300万以上の

収入を得ていました。

 

当時私は、お金の事などあまり

考えてはいませんでした。

 

欲しいモノがあれば、値段など気にせずに

即購入。

 

手持ちのお金が足りない時には、

手付金を置いて銀行からお金を引き出してくる。

 

宝石も毛皮も車も

すべて現金一括で購入していました。

 

 

が、26歳の時にそのハッピーライフが

ガラガラと崩れ落ちて行きました。

 

 

当時は

『なぜ私がこんな目に合わなきゃいけないの』

と思っていました。

 

 

自分がなぜそんなことになってしまったのか

原因など解からないまま

 

とにかく、生きることに必死になり

生きていくために必要なお金を得るために

働く毎日を送るようになりました。

 

 

人は、切羽詰まると視野がとても狭くなり

目の前のことしか見れなくなってしまいます。

 

 

当時の私もそうでした。

 

 

が、私は自力でそこから這い上がり

なぜ、そんな事になってしまったのか

原因を突き止めたのです。

 

 

エネルギーは出した分と同じ質と量で

自分に返って来る。

 

そうやって循環している。

 

 

そして、その循環の始まりは

常に出すところからだという事に

気が付きました。

 

 

私が、26歳の時に人生が崩れて行った原因は

私が発した【嫉妬】と【妬み】のエネルギーだったと

気づいたのです。

 

 

それに気づいたのは、

10年も経った頃でした。

 

 

エネルギーは出した分と必ず

同じ質と量で返って来るけど

 

 

それは必ずしも同じように返って来るとは限らず

殆どの場合が、カタチを変えて返って来るのです。

 

 

私は、お金に変わって帰ってきたのですが

 

 

それは、外側のことであり

実際は、心の内側にズンズンと負のエネルギーとなって

のしかかってきたのです。

 

 

原因と結果の法則を理解しても

『こんなはずじゃなかったのに・・・』と

不満を持ってしまうこともあるでしょう。

 

 

我が家では、毎年庭に

タンポポが目を出します。

 

私が植えたのではなく

何処からともなく、風に乗って

飛んできた種が落ちた結果です。

 

こんな風に、原因があって結果があるのです。

 

 

そしてそれは、潜在意識にも同じように起きています。

 

何となく、頭に浮かんだ思考の種が

こぼれ落ちることがあるのです。

 

人の心は弱いモノです。

 

 

本来の想いとは別の方向であったとしても

一瞬、邪念が入ってしまったり

 

また、他人をおとしめるような想いに

足をすくわれることもあるのです。

 

 

自分が上手くいかないと、

うまくいっているライバルが

憎らしくなったりすることもあるでしょう。

 

そんな時に『イケない!』と気づき

その考えを打ち消そうとしても

 

 

一度心に浮かんだ想いは

知らず知らずのうちにこぼれ落ち

 

潜在意識に根をはり『結果』を創ってしまうのです。

 

 

善い種を蒔けば善い花が咲き

悪い種を蒔けば悪い花が咲く。

 

 

それが、原因と結果の法則です。

 

 

もし、あなたの心に悪い考えが過ってしまったら

それを上回るほどの強いエネルギーで

より良い事を思うようにすることです。

 

 

人生を好転させるためには

好転させるための種を蒔く必要があるのです。

 

セッション受付 / イベント / Facebook / アメブロ / メルマガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一簡単! 『引き寄せ上手』になるための 『言葉』の教科書

1年生
人生変えちゃう魔法のじゅもん
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

プペコン お金の真理講座やコンサルなど開催中!
右 ご提供メニュー一覧

youku Amazonランキング1位獲得!電子書籍
右 心を満たすお金の取扱説明書『麗美ねぇのお金の話』

チェック(透過) 初回限定無料相談受付中!
右 セッション申込 

PC 全国招致受付中!お問合せはこちらから右 お問い合わせメモ 受講者様の感想・コンサル生様の声はこちら
右 お客様の声

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,034人の購読者に加わりましょう