朝ごはんはなぜ大事なの?

この記事は1分で読めます

食事は、私たちの体を動かすガソリンのような役割を持っています。一晩眠った後の身体というのは燃料切れの状態ですので朝食をとらずにそのまま一日をスタートさせてしまうと色々なトラブルを招く原因になってしまうのです。

 

まず、朝食を欠食すると体温の上昇が遅くなります。低体温の子供が増えているのはここに原因があるとも言われています。また、朝食欠食時の知的作業への影響は子供だけでなく成人にもみられます。

 

朝食を十分にとった人と比べて、記憶力に差がみられ集中力の低下にもはっきりと差がみられたという実験データも上がっており体温の上昇と知的作業率はよく一致されるとされていて、特に、午前中の知的作業に影響が多いようです。

 

あなたは、しっかりと朝食を食べていますか?もし、食べていないとしたら午前中は、なかなか仕事に集中できない何てことはありませんか?

朝食欠食の子供は、午前中の授業に集中できず結果的に成績にも悪影響を与える可能性が高くなります。朝食を作らずにお子さんに『勉強しなさい!』なんて言ってはいませんか?それでは、お子さんが可哀そうです。

 

しっかりと勉強して欲しいと思うならしっかりと朝食を食べさせることから始めてくださいね。

 

ちなみに朝食は起床後1時間以内に食べるのが理想です^-^

 

是非、朝食をしっかりと摂り充実した一日を送ってください。

 

 

セッション受付 / イベント / Facebook / アメブロ / メルマガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。